おはようございます。昨夜、ガソリンスタンドで灯油をいれ蓋がゆるいまま相棒に積んだら悲惨極まりなかったフィットネスインストラクターやまいりるりです。




まず、私の太ももは全て灯油で色が変わり、相棒のマットにも垂れ、



もう思わず1人で



「マジかいーー!!!」



と叫びました。
蓋をしっかり締めればこんなことはなかった。



(って相変わらず言葉遣いが悪くてごめんなさい)


周りは誰もいませんでしたよ。




さて、パート2




掃部ケ岳



読めますか?



「かもんがたけ」です。


私は、あの、掃除みたいな山って覚えてました。

掃部は「かもん」と読むんだって!



そういや山の名前は漢字が本当に読めないの多い。



「光岳」



「てかりだけ」だよ!?



そんな掃部ケ岳。



榛名富士から下り、車を少しうごかし、
また下から登ります。



すでにおひる12時なのでちゃっちゃかいきたいところ。




まず登山口がわからず、このあたりだろ。



えいっと公園の中から尾根にのりました。




もちろん最初ノートレイス
IMG_8031





雪が榛名富士にくらべ、深い。




IMG_8033





マーキングも発見しあるきます。



あの、新雪のうえ歩くのは一歩一歩40センチくらい足を引っこ抜きながら歩くので



めちゃめちゃ疲れますよね。



ラッセルするよりは100倍楽ですけど



IMG_8036



かなり傾斜もあります。




補正かけないでこの青!すごい空。

IMG_8037





唯一の危険箇所

IMG_8040


結構怖かったですね、ここ。



IMG_8046



いい景色みながら

歩くことだいたい1時間半


到着!
IMG_8052



この私が持っているピッケル。



私が10年前に、後輩(現山ガイドさん)に


「卒業したら、雪山なんていかないからあげる」


とポンとあげたもの。


彼は大事にあの時から10年間も使ってくれています。


ヒマラヤも行ったんだって!!
このピッケル。




「このピッケルのサイズと軽さが良い!」


だそうで。



なんだか嬉しいピッケルとの再会でした。




当時の私。
張り切ってピッケルを買ったはいいが
黒百合ヒュッテでのテント泊のあまりの寒さに、
もう絶対雪山なんかいくものかと、決意していたのに


また来ましたね。笑





IMG_8057




かるくおひる。(このあと、おりておそばとかたくさん食べた)
IMG_8059


絶景に別れを告げ

IMG_8054




雪山の醍醐味へ!




下り。



ちょーーーー楽しい。




滑りながら下山。





バランスくずし
IMG_8062



こけながらも

IMG_8064



ちゃっちゃか下る。
IMG_8073




たのしすぎる!!





そして硯岩に寄り道。
絶景をおがむ。
IMG_8078




芦ノ湖と箱根外輪山に似ています。
なんかかぶりますね。




いいお山でした。





帰り道。




雪道ノーマルタイヤ運転。



ローギアにいれるタイミング、少し遅くなってしまい。



ヘアピンカーブでハンドルを切ったのですが



相棒はゆるゆると


真っ直ぐすすみました。笑



あ、これはまずいと。


フットブレーキを何回も踏み直し、
なんとか止まりました。



速度が遅いから大丈夫でしたが
もう、ノーマルタイヤでは、無理をしないと誓ったのでした。






トランキーロ、あっせんなよ。




と頭をよぎったことは間違いありません。笑





おまけ編に続く。






ランキングご協力お願いします。
読み終わったらクリックをお願いします!ぽち



人気ブログランキングへ