おはようございます。順調にバルクアップだよフィットネスインストラクターRURIです。




こちら朝の5時!



29日
到着してからそのまま活動したため



飛行機でむくんだ足もどうにもできず
とんでもない時間たちっぱなし




荷物をモーテルにおいたら
買い物

ホウルフーズ
E0D143C6-B8C9-498C-9A0B-53D4BA0A8BCC



たくさんのプロテインバー
A8CBD854-D321-4D14-B4BF-03692192EAEC



もうさ、お菓子売り場と同じくらいあるからね!!!


いい過ぎた、スナック菓子と同じくらい!!




それほどアメリカはプロテインバーの需要があるのですね。



その後UFCジムへ!
DC539D3F-E78C-4A00-BAC3-1270F768BE6A


広い。人多い。

E236A291-7CD5-41EE-BA50-12C28A06E606



歩いて1分のところに
プラネットフィットネス

0F24B495-462C-46C3-B82C-D329C87B06AB



D60699A8-52D5-4C77-AEA8-9CBB51EA57B6






この2つ見て、思った。



アメリカのフィットネス人口が
全人口の17パーセントだという事実を目の当たりにした。


日本は3パーセントですよ?3パーセントて。



あなたは健康に対して月々いくら払えるか?


お酒(飲み会)や贅沢には
月何万もかけられるのに

フィットネスジムの
月会費1万を高い!と思う日本の風潮…。


お菓子売り場より、お菓子屋さんよりも目立つ
サプリメント、プロテインショップ

234B1BB2-F790-499B-9D4E-ACD3B1CFFC84




えー、プロテイン飲むとガチで筋トレしているみたいに思われる
日本が悲しくなります。



文化が違うとはいえ、ここまでの差があるのか。。。。






こちらでは、とりあえずジム行くか!という選択肢が根付き

スタジオに入らずともみんなトレーニングに励む。


子連れ、妊婦もみーんなトレーニング!




とにかく楽しそう。









だから日本もそうやろう!
とは思わないけど…

羨ましすぎるアメリカ。






考えさせてほしい。




日本では
小学校の時の体育の授業が
運動嫌いを生みやすいんじゃないかとか、
(私も苦手なものがあって大嫌いだったから)


日本人は勤勉で仕事しすぎ。仕事大好き。
(仕事以外の時間は動きたくない)


日本の病院が凄すぎてみんな安心しきってる。(不健康になったところで、病院にみてもらえば安心)



もしかしたらこんな要素が


「いいのはわかっているが運動をする時間をわざわざ作らんでも別に生きていけるし!」



という安心に似た、体にとってはとんでもない甘えを生み出しているのかな。



なんて。



違う違う、私たちの努力が足らんのだ笑
体をたんに動かす楽しさを伝えきれてない。笑
人手足りんわ!







そんなこと考えて



3つ目のジム

パワーハウスジム

E2B5A695-0708-4058-9FF9-A9EC737A2638


こちらでトレーニング研修!

A605B569-29C6-46E4-9F3E-0348EDF5C8EA




ベンチとインクラインの胸の開き方を教わってきました。


これでまた一つ覚えたぞ!



9068C7E7-887D-44A9-B7BC-F83B00224A8D




私は筋肉の使い方が非常に下手なので、
無駄なトレーニングが多いことを実感


チーン。


落ち込みましたが、失敗しないとわからないことはいっぱいあるからね。


はやくも筋トレ指導したくなりました





夜はジャンク
28F53249-EEFD-4921-8B2E-38F9B5691AD0
28F53249-EEFD-4921-8B2E-38F9B5691AD0


2枚笑


今後もよろしくお願い致します。
ぽち!



人気ブログランキングへ