おはようございます。今日は博多へ向かっておりますフィットネスインストラクターRURIです。





時差があるブログ





長いお休みもあと3日。アメリカから帰ってからはほとんど運動せず
体だけどんどん大きくなってます笑




しかし久々に会う友達との時間で気持ちがリフレッシュしています。

(むしろ、オフに慣れてしまった笑)



広島へは、綾ちゃまに会いに!!



妊婦と思えないスタイルの良さ。


この方はもう〜


AFA19EA0-6C71-4500-92C0-D71400645F5C




1日目は原爆資料館でお勉強。

私たち真剣に見すぎて気づいたら夕方だったというね。


B206B473-6042-4E1D-AA9A-4A815A7A62E7



6EB56B3A-188E-4262-A759-74519E9AF90A


美味しいおひるの時の
2ショットの写真

00905D45-6D98-483A-A03C-6B21A0E32073



てそんなことより原爆


子供向け解説のが1番わかりやすい。

当たり前だけどね。


原爆の作られ方から

どうして放射能が出るのとか、


F467BFB9-98F2-4F6A-AB68-EB01A1BAE692


わかりやすい。




しかし、なんて恐ろしいものを人は作ってしまったのだろうね。


原子力発電もね。


人に必要なもの?とはいえ・・


目に見えないものの恐ろしさ。



7E0B7188-4DC8-42E8-85C9-1D90E1F41C29




0FC92259-7D67-48FD-9D7E-F4619013808C



大人になってからこれてよかった。




私は大学の時、比較文化学科でした。



戦争論の本を読みすぎて日本という国がわからなくなったり日本の過去が嫌いになりかけました。


でも今の日本はその歴史があるからこそ今の比較的平和な国でいられるんですね。



そして大学3年の時、
ゼミの先生が戦史を専門にしてて
ゼミの仲間で北京の反日記念博物館にいったこともあります。


あの時の、博物内部の日本の扱い方、日本に敵意をもったディスプレイはなかなか・・印象的でした。





中国からすると
日本は、ドイツ軍のゲルニカ爆撃に続く戦略爆撃、重慶爆撃をしてきた国。


この重慶爆撃の分厚い本を1年かけて真面目に勉強しました(興味もあったけど何より卒業単位があぶなかったから笑)


日本はドイツに続いて、早い段階で無差別爆撃を実行した国です。


市民をも狙う大量殺戮のための爆撃。



またこの重慶爆撃が、原爆投下の正当性の根拠として利用されたという案もあります。



つまり連合軍からすると
日本は「市民も大量犠牲にする非常な重慶爆撃をしたから、原爆投下されても仕方ない。」ということ


「いや、けれど、原爆投下だけは許せないと思う。」


と素直に思えるのか。



答えは出さなくてもいいし、二度と繰り返さないための勉強をするべきだし。



ただ、


色んな国それぞれ受けた被害を知ること


戦争の因果関係


国民の傷、痛み


そんなことを知るだけでも
今ある偏見の理由、またはそれをなくすヒントになるんじゃないかな。



終戦から時間がどんどんたち、当時生きていた方も
年々、お亡くなりになっています。



戦争の歴史だけは、大人も子供も勉強しないといけないと思う!!





AFCF19E1-F681-4F4B-942B-F9A9DDB6E448




夜は綾ちゃまに前髪をきってもらったよ!


91EE8132-1952-4CAD-AE08-8F4979E7BB1C



めっちゃ美味しいタコライスを作ってもらいました。

9FF80FE0-FD94-4947-A00F-01403ED2C46F


だんなはん幸せだ!



翌日はしまなみ海道
1AF1DF9F-491F-4266-92A0-D46EF2908B43




もう、船の人にレンタルサイクリング場所まで送ってもらえるわ、ジュースもらえるわ、美人といるとトクがたくさん



ま、カッコつけても、ママチャリだけどなw


C0A91532-BD66-4D37-823A-282A738D5ED9



5357B0AF-6CD0-4461-8630-FFA72C49785A



EC6FE5B6-BB15-42AB-84B6-0902554F233B



お気に入りのパジャマ!

私がおるwww
A4F36AAB-1454-489C-8CCC-1EE9F60C191B



綾ちゃまがホットドッグ持たせてくれた!


AA629B0C-5041-44D4-AEFA-A98CCC0FEB27


綾ちゃま、あなたはほんとに、素敵な素敵な女性だ





ありがとう



今後もよろしくお願い致します。
ぽち!



人気ブログランキングへ